PAY.JP Platform チェックアウト・モバイルSDK(Marketplace)

Marketplace型では、テナントによって審査通過済ブランドが異なる場合があります。

チェックアウトやモバイルSDKで顧客のカード情報をトークン化する際、テナントIDを指定することで、そのテナントの審査通過済ブランドのみ利用可能にすることができます。指定しない場合、全てのブランドが利用可能です(ただし決済時はテナントの審査通過済ブランドでない場合、決済が失敗します)。

テナントIDはテナント作成時に指定可能な任意の値です(未指定時はten_で始まる値が発行されます)。

チェックアウト

パラメーター data-tenant を指定します。

パラメーター

パラメータ名 説明 デフォルト
data-tenant テナントID なし

HTML内に下記のコードを埋め込むとフォームが生成されます:

<script
  type="text/javascript"
  src="https://checkout.pay.jp/"
  class="payjp-button"
  data-key="pk_test_0383a1b8f91e8a6e3ea0e2a9"
  data-tenant="ten_121673955bd7aa144de5a8f6c262"
  data-on-created="onCreated"
  data-text="支払う"
  data-submit-text="支払う"
  data-partial="true">
</script>

なおdata-tenantは公開鍵と同じくエンドユーザー側に公開される情報なため、当該パラメーターに入れる値にはご注意ください。

iOS SDK

カードフォームを利用の場合

CardFormTableStyledView の各メソッドの引数に tenantId を指定します。

cardFormView.createToken(tenantId: "ten_121673955bd7aa144de5a8f6c262") { result in
    switch result {
    case .success(let token):
        print("[token] => \(token)")
    case .failure(let error):
        print("[failure creating token] \(error)")
    }

直接トークンを生成する場合

トークンを生成する際に tenantId パラメータを追加します。

payjpClient.createToken(
    with: number,
    cvc: cvc,
    expirationMonth: month,
    expirationYear: year,
    name: name,
    tenantId: "ten_121673955bd7aa144de5a8f6c262") { result in
    switch result {
    case .success(let token):
        print("[token] => \(token)")
    case .failure(let error):
        print("[failure creating token] \(error)")
    }
} 

Android SDK

カードフォームを利用の場合

PayjpCardFormFragment.newInstance の引数に tenantId を指定します。

PayjpCardFormFragment.newInstance(
    tenantId = TenantId("ten_121673955bd7aa144de5a8f6c262")
)

直接トークンを生成する場合

トークンを生成する際に tenantId パラメータを追加します。

Payjp.getInstance().createToken(
    number = number, 
    cvc = cvc, 
    expMonth = expMonth, 
    expYear = expYear, 
    name = name,
    tenantId = TenantId("ten_121673955bd7aa144de5a8f6c262")
)