[~2024/06/01旧仕様]テナントに対する取引明細・適格請求書(インボイス)の提示

入金管理オブジェクトの刷新に伴い、2024/06/01以降の処理はこちらをご参照ください

PAY.JP Platformにおいては、テナント上で発生した売上が決済手数料・プラットフォーム手数料(率)に基づいてPAY.JPおよびプラットフォーマーに分配されます。
このうち、プラットフォーム手数料の徴収に関するインボイスはプラットフォーマーからテナントに提示する義務があります。
インボイス発行に必要な情報はStatementオブジェクトから取得が可能なほか、テナント向けインボイスとして使用可能な書面を出力する機能もございます。

テナント向けに出力が必要な情報

PAY.JP Platformでは、PAY.JP管理画面上にはテナント向けの画面が用意されないため、インボイス・取引明細の提示画面はプラットフォーマーのシステム上で用意する必要があります。
提示する必要のある情報は以下の2種類です。

  • PAY.JPがテナントに対して発行する、取引明細およびインボイス
  • プラットフォーマーがPAY.JP Platformの機能を利用してテナントから徴収した、プラットフォーム利用料に関するインボイス

Statementオブジェクトについて

Statementオブジェクトは、ある締め区間内で発生した取引のサマリーが項目別に記録されたオブジェクトです。
現在は、プロプラン請求の発生や、Tranfer・TenantTransferオブジェクトの作成と対応して作成されます。
このうち、プラットフォーマー - テナント間での情報提示に必要になるのは、TenantTransferから作成されたものとなります。

PAY.JP発行の取引明細・インボイス

StatementオブジェクトのURL発行機能を使ってダウンロードURLを生成します。

こちらで生成されたURLにアクセスすると、以下の書面が含まれたページが表示されます。

  • PAY.JPからの最終的な振込金額とその明細が記載された取引明細
  • PAY.JP - テナント間の取引についての適格請求書および適格返還請求書
    • 対象がない場合は対応するページ自体が欠落します。

TenantTransferオブジェクトから同等のURLを発行できるAPIも用意されています。

プラットフォーマー様のサービス上のテナント向け管理画面等からこちらのURLを提示してください。

プラットフォーム利用料等に関するインボイス

プラットフォーム利用料に関するインボイスは、複数の方法で発行することができます。

1. PAY.JPが生成する書面を利用する場合

前述の取引明細ダウンロードURL発行APIにおいて、platformer=trueオプションを指定することで、プラットフォーム利用料に関する書面を表示できるURLが生成できます。
書面には以下の情報が含まれています。

  • プラットフォーム利用料に関する適格請求書および適格返還請求書

書面に関する注意点は以下の通りです。

  • 消費税は10%、内税として計算されます。
  • 発行者情報として、出力時点でのプラットフォーマー本番申請の内容が利用されます。
  • PAY.JPとしてはプラットフォーマー様が適格請求書発行事業者登録をしているか等を確認しないため、適切な内容になっているかは事前にご確認ください。

2. Statementオブジェクトから独自に生成する場合

Statementオブジェクトから特定の項目を読み出すことで、独自にインボイス書面を構成するための情報を得ることができます。
以下のような場合にご活用ください。

  • PAY.JP Platformのプラットフォーム利用料徴収機能の外でテナントから徴収している費用があり、それらとプラットフォーム利用料をあわせた書面を独自に発行したい。
  • 独自の書面デザインでインボイスを発行したい。

API リファレンス - 取引明細リストを取得

プラットフォーム手数料に関する項目は、itemsのうちsubjectが以下のものです。

  • 適格請求書対象項目
    • platform_fee
  • 適格返還請求書対象項目
    • refund_platform_fee_offset
    • chargeback_platform_fee_offset

注意点として、金額の正負は発行対象に支払われる金額を正として設定されています。そのため、テナントから見ると徴収される金額であるplatform_feeはオブジェクト上は負の金額として記録されています。
同様に、refund_platform_fee_offset、chargeback_platform_fee_offsetは正の金額となります。
プラットフォーマー様で発行される書面への記載時は、適切に符号の反転等の処理をお願いします。