Apple Pay の利用の準備

Apple Payを本番に組み込むにあたって、Apple DeveloperサイトでのMerchant IDの作成、PAY.JPへの証明書の登録などいくつかの事前準備が必要になります。ここではApple Payを組み込む前に必要な準備について説明します。

Merchant IDの登録

まずはじめに、Apple DeveloperサイトにログインしMerchant ID登録ページでMerchant IDを登録してください。(Apple Developerアカウントがない方はこちらより登録し、iOS Developer Programに参加してください) Merchant IDの登録では、DescriptionとIdentifierの入力を求められます。Descriptionはあとから変更可能となっておりますが、Identifierはあとから変更できず、かつ世の中すべてのアプリでユニークな値となっているためご注意ください。Identifierには merchant からはじまる値である必要があり、merchant.com.example のようなリバースドメイン形式が推奨されています。

Apple Pay証明書の登録

次に、Apple Payを利用するには専用の証明書登録が必要になります。下記の手順により、PAY.JPとApple Payで利用可能な証明書登録を行います。

  1. 証明書要求(CSR)の取得(PAY.JP)
  2. 1で生成したCSRを使って証明書を生成(Apple)
  3. 2で生成した証明書をアップロード(PAY.JP)

1. 証明書要求(CSR)の取得

まず、PAY.JP 設定画面にあるApple Pay証明書ページよりCSRファイルをダウンロードしてください。 Apple Pay証明書ページの ここからCSRファイルをダウンロード というリンクをクリックすると payjp.certSigningRequest というCSRファイルがダウンロードされます。

2. 証明書を生成

次に、Apple Developerサイトにログインした状態で iOS Certificatesページ を開いて、「+」ボタンより証明書を生成します。

最初の What type of certificate do you need? というセクションで Apple Pay Certificate を選択し、次の Which Merchant ID would you like to use? というセクションでは、先ほど登録したMercahnt IDを選択します。

選択したMerchant IDの編集ページへ遷移しますので、 Payment Processing CertificateCreate Certificate から証明書の生成ページを開きます。

次に進むと Will payments associated with this Merchant ID be processed exclusively in China? という質問が出ますが、ここでは No を選択します。

次に、証明書の生成画面に遷移します。ここでは最初にPAY.JPのApple Pay証明書ページから取得したCSRファイルをアップロードして、証明書を生成してください。

生成に成功すると、ダウンロードボタンが出るので、そこから証明書( apple_pay.cer )をダウンロードしてください。

3. 証明書のアップロード

最後に、PAY.JPのApple Pay証明書ページに戻り、アップロードボタンから2で生成した証明書をアップロードして証明書の登録は完了です。

XcodeでApple Pay実装を有効にする

Merchant IDの登録、証明書の生成が済んだら、Apple Payの利用の準備はほとんど完了です。

最後にXcode側でApple Pay実装を有効にする必要があるので、プロジェクトの設定画面を開き Capabilities タブから「Apple Pay」をONにしてください。Apple Developerサイトへのログインを求められるので、IDとパスワードを入力してください。Apple PayのセクションにあるMercahnt IDのチェックで、対象のMerchant IDにチェックを入れれば準備完了です。

以上でApple Payを導入する準備ができたので、次は下記チュートリアルを参考にして、実際にiOSアプリにApple Payを組み込んでみましょう。

PAY.JP - Apple Pay iOSに組み込む