Apple Pay

Apple Payは、iPhoneやApple Watchを使って、簡単かつ安全に支払いができるAppleの決済サービスです。PAY.JPはAppleに公式に認定された決済サービスプロバイダーなので、日本の事業者のみなさまはPAY.JPを使って、Apple Payをご自身のiOSアプリやWebサイトに導入することができます。

仕組み

Apple Payで登録されたカード情報はWalletアプリで管理されています。Walletに登録されるのは実際のカード番号ではなく、代替の暗号化された識別番号となっており、PAY.JPはこの識別番号を扱って安全に決済を実行しています。

PAY.JPで組み込んだApple Payの基本的な決済フローは下記のとおりとなります(購入者はApple Pay登録済みとします):

  1. 購入者がApple Payで購入を行う
  2. Apple Payの暗号化された識別番号をPAY.JPへ送信し、PAY.JPのトークンを作成(iOSアプリまたはWebサイト上)
  3. PAY.JPで作成したトークンを使って決済を実行する(サーバーサイド)

2で作成したトークンは、PAY.JPの通常のクレジットカード決済に用いているトークンと同等に扱うことができるので、単発の支払いや顧客に紐付けて複数回、または定期課金などさまざまなシーンに利用することができます。

PAY.JP API - 支払いを行う

PAY.JP API - 定期課金

料金

Apple Payをご利用いただくのに特別な料金は必要ありません。PAY.JPの通常の取引手数料だけが適用され、プロプランやPAY.JP Seedをご利用中の場合は、それらの料率が適用されます。

本番利用

PAY.JPでApple Payをご利用いただくには本番申請が必要です。すでに本番環境をお使いの方は、順次開通手続きを行っており、開通次第ご連絡いたします。

実装

Apple Payの具体的な組込み方法については、次のチュートリアルをご覧ください。

iOSアプリ

  1. iOSでの利用の準備
  2. iOSに組み込む

Webサイト

  1. Webサイトでの利用の準備
  2. Webサイトに組み込む

その他参考

GitHub - PAY.JP iOS SDK

GitHub - PAY.JP Apple Pay Example

Apple - Apple Pay Developer Page

Apple - Apple Payプログラミングガイド