PAY.JP Platform(Marketplace/Payouts)

PAY.JP Platform」はマーケットプレイス、シェアリングエコノミーなどに利用することができるプラットフォームモデルのビジネスに特化した決済サービスになります。

本APIは現在β提供中の機能となります
※ ご利用希望の方は利用の準備をごらんください

例えばEコマースプラットフォームサービスのように、商品を販売するショップと購入を行うカスタマーのビジネスでは、ショップの登録・クレジットカード審査・管理から、ショップと購入者間の決済、そしてプラットフォーマーとショップへの入金処理までをAPIで組み込むことができます。

上記のようなマーケットプレイス型のビジネスユースの他にも、ドライバーと乗客を結ぶようなシェアリングエコノミーサービスやCtoC/BtoC/BtoBサービスなど様々なプラットフォームモデルに決済サービスを導入することが可能です。

PAY.JP Platform のタイプ

PAY.JP Platform には Marketplace 型とPayouts 型の2種類のタイプをご用意しております。

Marketplace型

  • 対象サービス 事業主・法人と購入者のようなBtoC型プラットフォームサービス ( e.g. Eコマースショップと商品購入者のようなEコマースサービス )
  • 審査 テナントと呼ばれる店子(Eコマースショップ)のクレジットカード審査が必要
  • 手数料率 基本プラットフォーマーとテナントは一律設定

Payouts型

  • 対象サービス 販売者と購入者がお互いに個人であるCtoC型プラットフォームサービス ( e.g. 出品者と販売者のようなフリーマーケットサービス )
  • 審査 テナントの審査は不要
  • 手数料率 プラットフォーマーとテナントは一律設定

プラットフォーマーとテナントの関係

プラットフォーマー配下となるテナント(e.g. Eコマースプラットフォームにおけるショップ、ライドシェアのドライバー、フリマーケットの出品者)と呼ばれる店子の作成をAPI経由で連携することができます。

審査が必要な Marketplace 型の連携されたテナントは、PAY.JP / クレジットカード会社側で審査が実施されます。

このテナントの登録内容や審査状況はすべてAPI・ダッシュボードで確認ができるため、効率的に管理をすることが可能です。

詳しい実装方法については下記からご覧ください。

売上と入金のフロー

プラットフォーマーは自身の取り分である料金をテナントから徴収することができます。

テナントによるCharge作成の際に platform_fee に料金をセットするだけで、取り分をコントロールすることが可能です。

$ curl https://api.pay.jp/v1/charges -u sk_test... \
-d amonut=500 \
-d card=token \
-d currency=jpy \
-d platform_fee=100 \
-d tenant=ten_xxxxxxxxxxxxxxx

platform_fee とテナントによる売上金額は、PAY.JP側で集計され、自動的にプラットフォーマーおよびテナントへの入金を実施します。

詳しい実装方法については下記からご覧ください。

料金

PAY.JPの通常の決済手数料だけが適用され、プロプランやPAY.JP Seedをご利用中の場合は、それらの料率がテナントの売上処理に対して適用されます。

PAY.JPからプラットフォーマーおよびテナントへの入金サイクルは、ご利用プランの入金サイクルに準じて実施されます。

またプロプランにおける月額利用料は、プラットフォーマーのみに1万円が請求される仕組みです。

利用するプランはプラットフォーマーのみが管理可能で、プランを切り替えていただくと、全テナントの決済手数料および入金サイクルが変更される仕様となっています。

APIキーについて

PAY.JP Platform に新規登録した段階で発行されるプラットフォーマーのキーになります。 本番用のキーにつきましては、売上処理を含むさまざまな処理を行うための重要なキーになります。GitやSvnなどの公開用コードレポジトリ内に記載したり、外部に漏れないように慎重な取扱いを心がけてください。 万が一、不正な利用を検知した場合は、管理画面の設定から新しいシークレットキーを発行することができますので、直ぐにご対応してください。

キーは sk_live_をプリフィックスとする本番用のキーとsk_test_のテスト用のキーがあります。

キーの種類は PAY.JP と同等の下記の4種類のキーとなります。

  • sk_test をプリフィックスとするテスト用シークレットキー
  • pk_test をプリフィックスとするテスト用パブリックキー
  • sk_live をプリフィックスとする本番用シークレットキー
  • pk_live をプリフィックスとする本番用パブリックキー

このキーを使って、Platform用APIやPAY.JP APIの操作をすることが可能です。

キーは PAY.JP Platform 登録後に発行され利用可能となりますが、先述の通り、本番環境の開通まで下記の利用にのみ制限がかかります。

本番環境のテナント作成および情報の更新

なおplatform_fee を使った Charge / Transfer の振り分け設定もこれらのキーを使って行います。

APIキーの更新

APIキーの更新は管理画面のAPI設定から可能です。

実装

PAY.JP Platform の詳しい実装ステップについては、次のチュートリアルをご覧ください。