締めサイクルと売上集計

入金管理オブジェクトの刷新に伴い、2024/06/01以降に提供されます。

支払い・返金・チャージバック等によって発生した決済は、一定の期間ごとに集計されます。

Termオブジェクト

Termオブジェクトは集計区間を表し、その区間に確定した支払い・返金・チャージバック等が関連付けられるオブジェクトです。 Termオブジェクトは前の区間が終了した時点で次の区間のオブジェクトが自動的に作成され、次の締め区間の開始・終了日が確定します。

締め処理

終了日を超えたTermは、自動的に締め処理が行われます。 関連付けられている各種決済オブジェクトの金額が集計され、集計結果が記録されたStatementオブジェクトが作成されます。

サイクルの変更

管理画面から締めサイクルを変更すると、次回のTerm作成時から新しいサイクルが適用されます。


精算

StatementオブジェクトとBalanceオブジェクト

締め処理やプランの月額費用の請求など、さまざまな場面で取引金額を表すStatementオブジェクトが作成されます。 作成されたStatementは、その時点で集計中(typeがcollecting)のBalanceオブジェクトに関連付けられます。

Balanceの状態判定

Termの締め処理が完了すると、その時点で集計中のBalanceの総額に応じた処理が行われます。

Balanceの総額が最低入金額を超えている場合

入金作業が始まります。

  • Balance.typeはtransferになります。
  • Balance.bank_infoに、入金される銀行口座情報が表示されます。
  • Balance.due_dateに入金予定日が表示されます。
  • 振込手数料のStatementが発行され、Balanceに追加されます。

PAY.JPによる入金作業が完了すると、closedがtrueに変更されます。

未処理の請求が残っている場合
type=claimでclosed=falseのBalanceが残っている場合、状態判定時に総額が最低入金額を超えていてもtypeがcollectingのままになります。

総額がマイナスの場合

請求処理が始まります。

  • Balance.typeはclaimになります。
  • Balance.due_dateに請求期日が表示されます。

PAY.JPから請求書を発行しますので、期日までにお振込みをお願いします。 振込が確認でき次第、closedがtrueに変更されます。

どちらにも当てはまらない場合

何も行われません。

Balanceのマージ

マージとは、あるBalanceに含まれるStatementがすべて別のBalanceに移動される操作を指します。 マージによって空になったBalanceは、自動的にclosed=trueに変更されます。

一例として、振込に失敗し組戻しが発生した場合、その金額は次のBalanceにマージされ、マージ先のBalanceで再度振込が試行されます。 マージはそのほか特定の状況においてPAY.JPが任意で行いますが、組戻しなど一部のケースを除き原則加盟店様に事前にご連絡の上で実施いたします。