PAY.JP Platform 決済・入金の振り分け

マーチャントごとの決済処理に対して、プラットフォーマーの自身の取り分である料金をセットすることができます。これにより、プラットフォーマーとマーチャントへの入金額の振り分けをコントロールすることができます。

ここではプラットフォーマー料金を使ったマーチャントの決済処理と入金振り分けまでのプロセスについて説明します。

前提

マーチャントの決済処理は各マーチャントのAPIキーを使って、通常のPAY.JP APIを利用します。

PAY.JP APIの利用方法については、下記チュートリアルを参考にしてください。

一方でプラットフォーマーおよびマーチャントの入金情報については、プラットフォーマーのAPIキーを使って、Platform APIを利用して閲覧します。

プラットフォーム利用料を使ったマーチャントの決済処理

マーチャントによるCharge作成の際に platform_fee に料金をセットするだけで、プラットフォーマーの取り分を徴収することができます。

プラットフォーム利用料をセットしてマーチャントの決済処理を行う:

$ curl https://api.pay.jp/v1/charges -u sk_test... \
-d amonut=500 \
-d card=token \
-d currency=jpy \
-d platform_fee=100

上記のリクエストで下記のような金額の振り分けが完了しました。

  • マーチャント: 400円 - PAY.JP 決済手数料(500円に対する決済手数料) の入金
  • プラットフォーマー: 100円 の入金
  • 消費者: 500円 の請求

マーチャントに対するPAY.JP 決済手数料は amount に指定した満額(platform_feeを差し引かない金額)に対してかかります。

入金の振り分け

PAY.JP Platform 経由で作成したマーチャントによる決済はすべてPAY.JP側で集計され、入金処理が行われます。

platform_fee はプラットフォーマー向けの入金額として、 platform_fee とPAY.JP決済手数料を差し引いた決済金額はマーチャント向けの入金額として、プラットフォーマーが登録するプランの入金サイクルに準じて、入金が実施されます。

入金状況はAPI・管理画面から確認が可能です。

プラットフォーマーの入金情報を確認:

curl https://api.pay.jp/v1/platform/transfers/pf_tr_23748b8c95c79edff22a8b7b795xx \
-u sk_live_pf_xxx

プラットフォーム配下のマーチャントの入金リストを確認:

curl https://api.pay.jp/v1/platform/transfers/pf_tr_23748b8c95c79edff22a8b7b795xx/transfers \
-u sk_live_pf_xxx

管理画面からプラットフォーマーの入金情報を確認:

また同画面から各マーチャント・決済ごとの内訳CSVをダウンロードできます:

決済処理のAPIテスト

マーチャントのAPIキーを利用してリクエストを行うPAY.JP APIでは、通常のPAY.JP同様にテスト用のキーを使ってテストが可能です。

Platform API経由で作成したマーチャントでは platform_fee をセットしたテストリクエストも可能です。

platform_fee をセットしてマーチャントの決済テスト:

$ curl https://api.pay.jp/v1/charges -u sk_test... \
-d amonut=500 \
-d card=token \
-d currency=jpy \
-d platform_fee=100

上記売上は当該マーチャントのテスト Transfer として所定のサイクルで入金が生成されます。

以上でプラットフォーマー利用料をセットした決済処理と入金の振り分けまでの流れを説明しました。