PAY.JP Platform プラットフォーマー責任範囲

PAY.JP Platformにおける責任範囲について、プラットフォーマーはマーチャント・消費者への対応やチャージバックへの最終責任をもちます。 主に下記の3点についてプラットフォーマーで対応する必要があります。

  • マーチャント・消費者への対応
    • マーチャント・消費者へのお問い合わせ・クレーム対応は、プラットフォーマーが1次窓口になります
  • チャージバック
    • チャージバック発生時、原則としてマーチャントの売上からチャージバック分の金額を控除します
    • マーチャントの売上から控除できない場合、プラットフォーマーの利用料分から控除する形となります
  • 返金による入金額マイナス

    • 返金処理によって入金残高がマイナスになる場合、当該マーチャントの次回入金額から返金額分を差し引いて入金処理を行います
    • 次回入金額が返金額に満たない場合、PAY.JPからプラットフォーマーにご連絡するので、プラットフォーマーからマーチャントへ内容を通知いただく形となります
  • チャージバックについて

  • 返金超過について