PAY ID QRコード決済

PAY IDを使うことでQRコードを用いた対面での決済を行うことができます。 PAY.JPの管理画面より決済につかうQRコードを前もって発行しておき、購入者はPAY IDのモバイルアプリを使ってそのQRコードを読み取ることで決済が完了します。

PAY.JPでは下記2種類のQRコードが発行可能となっています。

  • 商品単位で発行されるプロダクトQRコード
  • PAY.JP アカウント単位で発行される店舗QRコード

プロダクトQRコードの発行

プロダクトQRコードは商品1つに対応するQRコードです。 PAY.JPにログインしてプロダクトのページから[+新規作成] を押し、商品の金額と名前を入力しプロダクトを作成してください。 作成したプロダクトの詳細ページより発行されたQRコードの画像URLと印刷用のページが確認できますので、実際の利用シーンにあわせてポップやメニューなどでご活用ください。

プロダクトには有効期限を設定することができ、設定された有効期限を過ぎると購入ができなくなります。 イベント商品など販売期間が限定された商品の場合には有効期限設定をご活用ください。

テスト機能

テストモードでプロダクトを作成いただくことでQRコード決済のテストが可能です。 テストモードのQRコードに対してはPAY IDアプリで支払い操作を行なっても実決済は行われませんので、実際にご利用いただくライブモードのQRコードとお取り違えのないようご注意ください。

テストモードのQRコードは下の画像のように”TEST MODE”という文字が薄くオーバーレイされていることで見分けることができます。

店舗QRコードの発行

店舗QRコードはPAY.JPのアカウント単位で発行可能なQRコードです。決済方法はQRコードをスキャンしたあとに、購入者のアプリから決済金額を都度入力して支払いを行います。金額がQRコード単位で固定されていないため、商品価格が変動するケースや商品単位での複数のQRコード発行が難しいケースなどで有効にご活用いただけます。

PAY.JPにログインして設定ページの「QRコード決済」の項目からQRコードを発行してください。 発行するためには本番申請を済ませている必要があります。

BASE QRコード決済App を使った店舗QRコードの発行

QRコードはPAY.JPの管理画面以外にも、BASEQRコード決済Appをご利用いただくことでも発行ができます。このQRコードは同じようにPAY IDアプリを使って決済を行うことができます。

この場合、BASEショップとしてQRコードを発行するため、PAY.JPのアカウント登録や本番申請が不要となります。 まだPAY.JPをご利用でない方やすでにBASEショップをお持ちの方はこちらの方法もあわせてご検討ください。

BASE QRコード決済

実際のQRコード決済の流れ

PAY IDアプリの前準備

購入者がまだPAY IDアプリをもっていない場合は購入のための下記のステップの準備が必要となります。

  1. App Store よりiOSアプリをダウンロード (※ Android版アプリは現在開発中です)
  2. メールアドレスとパスワードを決めてPAY IDアカウントの新規作成(すでにPAY IDをもっている場合はログイン)
  3. 電話番号を入力してSMS認証
  4. クレジットカードの情報をアプリに登録

QRコードの読み取り

PAY IDアプリの右下の [ +支払う ] ボタンよりQRコードスキャン用のカメラを起動し、支払いたいQRコードを読み取ります。

支払い処理

プロダクトQRコードの場合

スキャンした内容を確認してから [ 支払う ] ボタンを押します。支払いが成功したことを店舗側で確認してから商品やサービスを提供してください。

店舗QRコードの場合

金額入力画面で支払い金額を入力し [ 確認画面へ ] ボタンを押し、金額を確認した上 [ 支払う ] ボタンを押します。支払いが成功したことを店舗側で確認してから商品やサービスを提供してください。